取得時効は

投稿日 2014年9月19日 金曜日

コメント コメント(0)

取得時効は、他人の物または財産権を一定期間継続して占有または準占有する者に、その権利を与える制度であります。
消滅時効とともに時効制度の一つであります。例えば、AがBの土地に勝手に家を建てて20年間住み続けた(占有)とします。
この場合、AはBに時効が完成したことを主張して、本来は他人 (B) のものであった土地の所有権を取得することができます。
取得時効により権利を取得することを時効取得といいます。

所有権の時効取得については、民法162条に規定されており、長期の取得時効と短期の取得時効がある。
長期の取得時効(同条1項)は、20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有することによって所有権を時効により取得できるものである。また、短期の取得時効(同条2項)は、10年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有した場合で、さらに占有を始めた時に善意・無過失であった場合に認められる。
所有権以外の財産権を取得する場合については、民法163条によって規定されている。すなわち、所有権以外の財産権を自己のためにする意思をもって平穏かつ公然に20年または10年これを行使することで取得できる。20年と10年という期間の違いは所有権の場合と同様、占有を始めたときにそれが他人の財産権であると知っていれば20年で、そうとは知らず、知らないことについて過失がないならば10年である。

消滅時効 援用

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。