仕事を変える時のステップ

投稿日 2015年11月29日 日曜日

コメント コメント(0)

ナースが仕事を変える時のステップとしては、勤労条件についての要望を始めにはっきりさせておきましょう。夜の勤務は難しい、プライベートの時間は十分確保したい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、望む職場環境は人それぞれです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で頑張り続けることはありません。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、昼間のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが探せると良いと思います。育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好印象となるように示すのは容易ではありません。ナースではたらこ

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。