化粧崩れしない朝のベースメイク

投稿日 2014年9月15日 月曜日

コメント コメント(0)

日本の夏は湿度も気温も高いので、肌はジメジメ、汗はダラダラ。おまけに皮脂も活発な状態となります。そこで必要なのが、メイク崩れを防ぐ朝のベースメイクです。
化粧崩れを防ぐには、まず、朝の肌をチェックすることから始めます。ポイントはTゾーンのベトつきです。かなりベトベトしているようなら、朝、洗顔フォームを使って洗います。それほどベトつきが気にならないようなら、ぬるま湯で丁寧にすすぎましょう。
次に重要なステップが、朝のスキンケアです。まず、肌を引き締める「収れん化粧水」をコットンにたっぷりとり、トントンと軽く肌をたたくようになじませます。すると、毛穴がキュッと引き締まると同時に、キメも整います。
続いて、化粧水。ケチらずたっぷりと潤いを与えましょう。時間があれば、コットンに化粧水をとり、顔全体になじませます。
そして、乳液です。乳液は、肌を柔らかくする働きがありますから、夏とはいえ、このステップをなおざりしてはいけません。2プッシュ程度とり、顔全体になじませます。この後、普段使っている美容液をつけましょう。
いよいよベースメイクのスタートです。まず、下地の選び方ですが、皮脂が吸着する効果があり、なおかつ、毛穴やキメの 乱れを整えるタイプのものがおすすめ。このタイプの下地を選ぶだけで、かなり皮脂による化粧崩れを防ぐことができます。塗り方のポイントは、多く塗り過ぎないこと。パール一粒大を全顔の分量目安とし、顔の中心から外側に向かって塗ります。
続いて、ファンデーションです。パウダリーの場合は、塗り過ぎに注意してください。リキッドファンデーションの場合は、下地と同じ分量のパール一粒大が目安です。顔の中心から外側に向かってなじませます。塗り終えたら、キレイなスポンジで余分なファンデーションを吸い取ります。その後、フェイスパウダーを顔全体に塗布します。
朝、時間がなくてスキンケアをおろそかにしていると、確実にメイクは崩れます。スキンケアとベースメイクをしっかりしていれば、、ドロドロになるほどのメイク崩れはありません。
LCコスメ

エステサロンで美白・小顔・若返り

投稿日 2014年9月15日 月曜日

コメント コメント(0)

エステサロンで脱毛や痩身と並んで人気なのはフェイシャルです。これは、シワやタルミに効果のあるリフトアップなどを中心に施術します。
近年特に人気が高まっているのがフォトフェイシャルです。レーザーをあてることによりメラニンにダメージを与え、シミやそばかす、毛穴の開きや赤ら顔を 解消します
同時に肌のコラーゲンを回復させてハリと潤いを蘇らせます。多少お値段は張りますが通い続ければ効果は抜群だと思います。
他にも若者に人気なのは、小顔エステと呼ばれるものです。これは主として、マッサージにより老廃物を排出して、ムクミを解消するものです。
小顔矯正なるものも存在して、顔の微妙な歪みを治すことにより、さらに血液やリンパの流れをよくしむくみを解消することが可能です。
このようにエステサロンでのフェイシャルには様々なコースがあり、目的に応じてそれらを組み合わせてより効果的な施術を行います。
フェイシャルは速効性があるのが特徴で、施術後に鏡を見ると一回り顔が小さくなり、つやとはりを取り戻し、2~3歳、あるいはもっと、若返った自分に出会えるのです。
リフィートは【脚やせ専門エステ】太もも最低-6cmの美脚創り!!

痩身コースの一般手間な手順

投稿日 2014年9月15日 月曜日

コメント コメント(0)

痩身コースでは、まずカウンセリングから始まり、生活習慣などをチェックし太る原因を調べたり、自身の体型の悩みを無料で相談できます。
太る原因は個人によって異なりますから、プロの目線でアドバイスをいただけるのは今後の生活を改善する参考になりますよね。
カウンセリング後にはボディーの採寸をしてから、ヒートマットで体の血行を温めて冷えからくるセルライトに働きかけます。
頑固なセルライトはセルライトバスターというマシンを使用し硬くなったセルライトを柔らかくし、セルライトを揉みほぐした後は筋肉を刺激するマシンを使用して内側の筋肉を引き締めてくれます。
個人の脂肪のつき方によって施術方法は異なるようですが、エステサロンならではのマシンを使って痩身が出来ますから、ラ・パルレの体験コースを利用してみるのもいいでしょう。
ラ・パルレでは体験後にはまたボディーの採寸をしますので、無料体験後のボディーのチェックも出来ます。効果が現れていたらうれしいですよね。
エステ無料体験でプロのエステシャンのマッサージを受けると手の届かない背中まで、とても気持ちのいい体験が出来るようです。
ラ・パルレの【フェイシャルエステ&ボディケア】で美脚・美顔をゲット!!

うぶ毛の脱毛

投稿日 2014年9月10日 水曜日

コメント コメント(0)

うぶ毛は、色素が薄いため、脱毛マシンにうまく反応しない場合もあります。このため、うぶ毛の脱毛は、それにも対応できる脱毛機器を備えているエステサロンやクリニックでしか行っておりません。
うぶ毛脱毛の中で希望が多いのは、顔の脱毛です。しかし、この部位は、万が一顔にヤケドを負った、もしくは色素沈着などトラブルが起こる可能性もあるため、自粛しているエステサロンもあります。
また、光が目に与える影響を考慮して、顔への施術はおこなっていない場合もあります。
もし、うぶ毛、特に顔の脱毛を検討されているなら、事前にトラブルに対しての説明もきちんと受け、納得した上で施術を受けましょう。
もちろん、どこの部位でも説明を受け、納得することは必要ですが、それが顔ならなおさらです。
特にデリケートな部位なので、顔のうぶ毛脱毛のみ美容皮膚科や美容外科などのクリニックを利用している人もいます。
ただし、脱毛前は、毛抜きを使ってムダ毛を抜かない、肌を焼きすぎないなどの決まりをしっかりと守って施術に臨むことが大切です。
【脱毛サロン・脱毛剤・脱毛器】を比較し、脱毛やムダ毛処理の悩みを解消♪

女性保険に加入する時期

投稿日 2014年9月09日 火曜日

コメント コメント(0)

女性には、妊娠や出産、子宮や卵巣にかかわる病気など女性ならではのリスクがあり、比較的若い時期から病気にかかる可能性が高くなる傾向もあります。
また、乳がんや子宮がんなどの病気は、臓器そのものが女性にしか無いために、女性特有の病気ですから、女性だけが持っている体のリスクなのです。
このように、女性だから背負うリスクに、できるだけ早い時期から備えておくのが安心です。女性保険は、女性特有の病気に備え手厚く保障しております。
そして、この女性保険に加入する時期は、妊娠前に加入することをおすすめします。最近では帝王切開により出産する人の割合は15~20%です。つまり妊婦の5~6人に一人は帝王切開手術を受けています。
一方で、近年では出産年齢が上がってきていることから、帝王切開で出産する妊婦の割合は年々増加しています。
また出産経験がある女性が女性保険に加入しようとする場合、過去5年以内に正常分娩以外の出産や疾病(帝王切開・子宮外妊娠・切迫流産など)による手術や入院歴がある場合は、条件付きによる加入(保険料があがったり、特定の手術に対して保険金が下りないなど)となることもあります。
このようなことから、女性保険への加入の時期は妊娠前をおすすめします。
保険アドバイザーズの【無料保険相談】で保険見直し!!最適の保険を提案♪

来店型保険無料相談のメリットとデメリット

投稿日 2014年9月09日 火曜日

コメント コメント(0)

保険見直しの無料相談を提供している会社には、来店型というショップを持っているタイプと、訪問型という相談者が希望する場所で相談するというタイプがあります。
来店型は基本的にショップで相談を行いますので、相談者がショップに来店します。訪問型は担当FPが相談者と場所と日時を決めて、その場所で会って相談を行います。
来店型の保険無料相談サービスのデメリットは、訪問型と反対といえるでしょう。
来店型は、なんといってもその場所まで訪問しなけてばならないというのが、最大のデメリットでしょう。
また、訪問ブースの場所が限られるので、土曜日や日曜日などは満杯の場合が多く、幾日か待たされることを覚悟する必要があります。
反対に、ショップがある来店型の場合は、どんな人が運営しているのか、どんな人が担当されるのかが、外から見てもわかります。さらに、保険商品のシミュレーションの結果は即座にみることができますし、保険無料 相談サービスの会社によっては、すごく優れたシミュレーションを行ってくれるサービスもあるところがメリットでしょう。
「保険1番」は【生命保険の見直し&比較】を行い、生活環境に最適の生命保険を提案します。

酵素断食ダイエットとは

投稿日 2014年9月09日 火曜日

コメント コメント(0)

酵素断食ダイエットとは、一定期間(1〜数日)、酵素を凝縮した飲料や食品だけを摂取し、身体の毒素を排出して基礎代謝を高め、脂肪を燃焼しながら減量を目指すダイエット方法です。
「断食」と聞くだけで、辛いので続ける自信がないと思われる方もいるでしょう。たしかに、従来の断食、すなわち、ただ食事を摂らないだけてのダイエット法は、空腹感が強く、しかも、栄養不足になることもあり、不健康で体にも決して良くありません。
しかし、酵素断食ダイエットは、酵素で栄養素を摂りながらの断食ですので、無理なく続けることができるのです。
また、酵素断食ダイエットには色々な種類があり、例えば「プチ断食」ダイエットと呼ばれている方法もあります。これは、「朝食のみ」など、1日のうち一定時間だけ断食をし、食事の代わりに酵素食品を摂ることで減量を目指していくというものです。
断食中は酵素食品を摂りますし、他の時間は普通の食事も摂れますので、空腹感によるストレスも比較的抑えられるでしょう。
これによって、胃腸が休息し、臓器の機能の回復・リフレッシュにつながります。ダイエットを目指す人にとってはもちろんですが、老廃物が排出されるデトックスの働きは肌荒れや便秘にお悩みの方にもおすすめですから、ダイエット以外の面でもうれしい効果が得られるのです。
優光泉(ゆうこうせん)は【ファスティングやダイエット】のための酵素ドリンクです!!

ゼロカロリー飲料は本当にカロリーゼロなの?

投稿日 2014年9月08日 月曜日

コメント コメント(0)

最近、特に「ゼロカロリー・ノンカロリー・カロリーフリー」などと強調する飲料なとが販売されております。
カロリーがないのだからと、水を飲むのと同じような感覚でゼロカロリー飲料を飲んでいる人もいるのでは?
こうした表示法は強調表示と言い、100mlあたりのカロリーが5kcal未満の場合に表示することができるようになっています。
つまり、100mlあたり3kcalの飲料は、「カロリーゼロ」と表示することが可能なのです。ですから、500mlのペットボトル1本場合は、実は0kcalではなく、15kcal摂取していることになります。
この程度ならと許せる範囲かもしれませんが、実際は0kcalではない場合もあるということを、良く覚えておく必要があるでしょう。
こうした、低カロリー飲料の甘みを出している合成甘味料は、主なものにアスパルテーム・ステビア・エリスリトールがあります。ゼロカロリー飲料には、エリスリトールが使われているものが多いです。エリスリトールは、砂糖に比べて甘みは弱いのですが、カロリーがありません。糖質で唯一0kcalなのです。
また、エリスリトールは虫歯菌などの口内細菌に利用されないため、虫歯の原因にはなりません。そして、血糖値を上昇させることもありません。
しかし、最近では、ゼロカロリー飲料が太る原因になるという研究結果が出てきています。「甘い飲み物を飲みながらダイエット」というのは、難しいのでしょうかねえ~。
朝るんジンジャースムージーは【冷え性】もOKの置き換えダイエットスムージー♪

高齢者の方には食材宅配サービス

投稿日 2014年9月03日 水曜日

コメント コメント(0)

本格的な少子高齢化社会を迎え、最近では、高齢者の孤独死の報道が新聞に良く掲載されるようになりました。また、地方だけなく都心の大規模団地すら、団地内のスーパーが閉店して、買い物に行くにも、大変な労力を必要とするいわゆる買い物難民が発生しております。
このように、高齢者になると、若い時は問題なかった様々なことが負担になってきます。若い頃は、良く色々と歩き回り、重たい買い物袋を持って帰るのもそれほど苦にはならなかったが、歳を取るにつれ、スーパーまで歩いて行くのがまず一苦労。それから買った物をなんとか持って帰る のもまた苦労です。
これに、腰や足を悪くしていると、買った物が重たすぎて持って帰ることだって起こりえます。
自宅からスーパーまで距離があり、なかなかいけない。重いものをもって帰るのも苦痛た、そのな高齢者の方に是非利用していただきたいのが、食材宅配サービスです。
食材宅配サービスの利用法は難しくありません。チラシを使ってそのまま申し込めば良いのです。
後は、毎日届く材料を使って、同封のレシピの通りに料理をすれば良いんです。買い物に行く必要がないので、体が少し不自由なお年寄りでも安心して毎日料理をすることができます。また、高齢者でも食べやすい、飲み込みやすい料理も充実しているので安心ですよ。
「大地を守る会」は、【有機野菜・無農薬野菜や無添加食品】などの食材・食品宅配サービス。

足の老化を防ぐには

投稿日 2014年9月03日 水曜日

コメント コメント(0)

駅の階段を上るときに太ももが疲れる、歩いていてよく躓く、手足の先端が冷えたり足がむくんだりする。あなたはこんな経験がありませんか。心当たりがある方は、足が老化している証拠です。
ごく普通の日常生活を送っていても、歳をとるとともに、足の筋力は20才代をピークに年平均で筋肉の減少量は1%ずつ減少していきます。
足腰は健康の土台となっていますので、足の筋力が衰えると、心臓疾患、静脈瘤、メタボリック症候群、血行不良 、転倒による骨折(高齢者は寝たきりになる恐れ)などといたったリスクが発生します。
足の老化を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。その答えは簡単です。足の筋肉を鍛えれば衰えを防ぐことが出来、健康と若さを保つことが出来ます。
毎日進んでいく衰えは、毎日必要量の運動を「続ける」ことによってしか防げないのです。つまり、たまに運動を行うだけとか、運動量を数値管理しない運動は意味ありません。
例えば、週1~2回公園を1時間歩く程度では、頻度が少なすぎます。駅まで毎日10分間歩く程度では、運動量が少なすぎます。週1~2回ジムで筋トレをするも、頻度が少なすぎます。駅で階段を使うように心がけても、運動量が少なすぎるうえに数値管理できません。これらは、効果が薄い運動なのです。
これに対して、効果が高い運動としては、自転車で40分間通勤、隣駅まで1時間歩いて通勤などがあります。
RIZAP(ライザップ)は【肉体改造&ダイエット】成功率94.7%の個室プライベートジムです。

« 前のページ次のページ »

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて